若手社員必見!仕事で成果を出すために必要な4つの思考法 未経験でも圧倒的成果を出す

若手社員必見!仕事で成果を出すために必要な4つの思考法 未経験でも圧倒的成果を出す

仕事で成果を出すために絶対必要な4つの思考法を挙げます。

この思考法さえできていれば、経験が少ない領域で働いていたとしても一定の成果を出すことができるでしょう。

目的思考

作業の目的を意識する。言われたことをする作業者ではなく、企業の果たすべき役割・責任の一翼を担うものとして自分がどのように動くべきかを考えて行動できる人間になる。

仮説思考

情報の少ない状態で全体像をとらえたうえで、最も可能性の高い答えを仮説としたうえで、調査分析を行い検証することで、生産性を最大化する思考法。やみくもに手あたり次第を防ぐ技術。

IPO思考

・目的を達成するためのInput Process Outputはどのようなにどのくらいの速度でそのような手順で行うのが適切かを考える思考法。IPOすべてのプロセスの最適化について思考を働かせることで生産性を最大化します。

◇Input(情報を集める)

どのような媒体からどのように情報を収集するのが適切か。他人からの対面での情報収集から視察、インターネットでの検索も含まれる。圧倒的な情報量を素早く収集することに加え、希少な質の高い情報へのアクセスをどのように実現するかを考えることも重要。

◇Process(処理する・考える)

どのように集めた情報を処理するのか、考えるのか。特に下記のようなツール・技術を使うことで思考の深化を図ることが多い。

・抽象化と具体化の往復運動

過去の出来事を抽象化することでパターンとしてとらえ、他の事象に当てはめることで、また具体的に考える。優秀なビジネスパーソンほどこの思考法に精通している場合が多い。
・組み合わせる

複数の要素を組み合わせることで、新たな知見を生み出す。組み合わせの技術はオズボーンのチェックリストを参照されたい。
・ロジックツリー化

ロジカルシンキングの資料を参照されたい

一度は読んでおきたいロジカルシンキングの本 3冊

・マインドマップ化

マインドマップという方法で紙に書き起こすことで思考を整理する技術があります。

丸の中に文字を書き込み関連するワードを線で描いていく手法が一般的です。

Output

どのような成果物を作成するのか。人に話すのか・ドキュメントを仕上げるのか それぞれどのような形式にするかを決めます。当然考え抜いたことをどのようにまとめ、伝えることが最適で効果的かを考えることが必要です。

生産性思考

投入量に対して適切な生産量が得られているかを考える思考法です。

投入量は時間×時給 生産量は最終的に生み出される利益 をベースに考えます。すべてを定量化して考える必要なくあくまで仕事に対する戒めを与え、自己の生産性を高めることが目的です。

◇投入量を減らす工夫の例
・仕事に熟練するして速度をあげる は本当に投入量減少になるのか
・昇給は恐怖
・部長と課長 同じ1時間の作業で仕上がる仕事なら課長が実施するほうが生産性が高い
→上司の仕事を巻き取ればコスト削減できる可能性が高い

プロフェッショナルな職業ほど投入時間に対する無駄の意識が低く、成果の最大化のみに思考が働きがちです。豊かな人生のためには少ない時間で最大限の成果を得られるように努力したいものです。