内向的な人が注意すべきことと対策!内気な性格をマイナスにしないために

内向的な人が注意すべきことと対策!内気な性格をマイナスにしないために

自分が内気でノリが悪い人間だな・・・と思いつつも、

どうしたら器用に生きられるのだろうかと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ここでは内気な人が困らずに生きてくための方法について議論したいと思います。

 

内気であっても自信があればOKだが・・・

内向的な傾向がある人にも2タイプの人がいます。

一匹狼タイプ

自己肯定感にあふれており、本質的に1人でいることを気にしていないタイプの人です。

場合によっては1人でいる、という自覚すらなく、自然に振る舞っていると

結果的に1人になっている・・・と感じている人が多いのです。

このような人に関しては内向的であることがほとんどデメリットにならない場合が多いです。

人前で話すことも苦にせず、恥ずかしがり屋でもない場合が多いです。

舞台表現をする、演劇・歌手などはこのセグメントの人が多い印象です。

 

ぼっちタイプ

内向的でそれほど自分に自信のない人です。

 

今回の記事に関してはこのセグメントに該当する人が

いかにして生きていくべきなのか というとオーバーですが、

どうやると社会生活で損をせずにやっていけるのかを議論したいのです。

ぼっちタイプになる原因

ぼっちタイプになってしまうのにはいくつかの原因が考えられます。

一般的には次のような原因があるようです。

パターン1 毒親

「あなたにはできない」と言われ続けた。など親に否定的な発言をされ続けると

自己肯定感が弱まり、内向的になってしまうことがあります。

パターン2 比較

身近にいる優秀な人物と比較され続けることで自信を失ってしまう場合があります。

親族、特に兄弟との比較で自信を失うケースがあります。

パータン3 思春期の失敗

学校生活などでの大きな失敗や失恋によって自己肯定感が失われることがあります。

受験や部活なども大きなファクターであるといえます。

ぼっちタイプが陥りがちな傾向

ぼっちタイプの人が陥りがちな傾向は次の通りです。

声が小さい

瞬時に質問に答えられない

人前で話すのが苦手

新しいことに挑戦したいと思わない

これらの特徴は社会生活を営む上でマイナスになってしまう場合が多いのです。

 

ぼっちタイプの人が損をしないために最低限やりたいこと

とにかく、人と話せる状態を作っていくことが大切です。

私ももともと外向的な性格ではないので、

かなり意識的にコミュニケーションを取ろうと意識をし続けないと、

コミュニケーションを取らない時間が増えてきてしまいます。

 

そんな中でも下記をやっておくことで、ひとまず、トラブルにならずに

人と関わっていくことができます。

 

①言葉を明瞭に話す

できるだけ言葉を明瞭に話すように心がけます。

自分に自信がないと口を開けずに離してしまう傾向があるので、気をつけましょう。

指一本分を開けて明瞭に話す練習をしてみるとはっきり話す力がつきます

 

②大きな声で話す

声が小さくなりがりですので大きな声で話すよう意識をしていくことが大切です。

周りの人と同じくらいの声量をだせているかどうか、定期的に確認しましょう

普段から声量を出していないと、声を出す訓練が必要な場合があります。

カラオケなどで最大声量を出す訓練をしてみるとよいでしょう。

 

③会話の練習をする

1人で声を出していてもコミュニケーション能力は向上しませんので

周囲の人と会話をするようにしましょう。

話しかけるのがつらいときは小道具を使うのも有効な手段です

★小道具の例★

お菓子

旅先のお土産

タブレットPC

ペットの写真

 

まとめ

それではおさらいです。

内向的な人でも自己肯定感が強い人は特に問題ない場合が多い

自己肯定感弱くて内向的な人は「大きな声で」「明瞭に」話すことを意識して会話の訓練をする

 

皆様のご活躍をお祈りしております!